フラクセルに関する最新の論文です。

医学的にも、フラクセルは肌の質感の改善に良好な結果が得られることが証明されています。

特に座瘡後瘢痕、つまり「ニキビ跡」には効果が極めて高かったという結果が出ているそうです。

Title : Fractional photothermolysisを用いたエルビウムグラスレーザーによるskin textureの改善

Abstract : コンピューター制御によって細かく点状にレーザー光を発射してskin textureの改善を生じさせる, fractional photothermolysisという概念のレーザー機器エルビウムグラスレーザー(フラクセルSRレーザー;リライアント社)が新たに開発された。本機器によって, ダウンタイムを殆ど伴わずにレーザー, リサーフェシングに類似した治療が可能となった。今回われわれは座瘡後の陥凹性瘢痕, 毛孔の開大, その他全体的なskin textureの改善を主訴にした計20症例の顔面に対して治療をおこない良好な結果を得た. 中でも座瘡後瘢痕に対する効果は極めて高かった.

Keywords : fractional photothermolysis, エルビウムグラスレーザー, レーザー・リサーフェシング, 座瘡後瘢痕, ケミカルピーリング

著者 : 長谷川敏男1, 松倉知之2, 須賀 康1, 池田志斈1, 山田裕道3
所属 : 1順天堂大学医学部皮膚科, 2松倉クリニック&メディカルスパ, 3国際親善総合病院皮膚科
雑誌名 : 日本レーザー医学会誌 2006/4 Vol.27 No.1 24-29ページ
発行元 : 日本レーザー医学会

二重LP

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
 
スポンサードリンク