夏のUV対策で、日焼け止めを下地に塗るのは、もうすっかり常識ですよね。

でも、何を選ぶか、悩みませんか?

相澤皮フ科クリニックが作ったHIN Dr.AI化粧品のサファイアサンスクリーンミルクを使ってみましたが、なかなか良かったですよ。

HIN

なんと言っても、ニキビが出来やすい私にとっては、安心して使うことができました。

サンプルを戴いて、数日使いましたが、ニキビはできませんでした。

いいお肌.jpの中に、「ニキビ肌のUV対策」

というページがあるのですが、

とっても勉強になりました。

■Q:ニキビ肌ですが、日焼けも気になります。
市販のUV製品は、ニキビ肌によくないと聞いたのですが……。

■A:肌に負担を与えないUVケア製品を選びましょう!

ニキビ肌でもそうでなくても、日焼け止めなどのUVケア製品は、
使い方、選び方を注意しなければなりません。

紫外線吸収剤(有機紫外線吸収剤)というUV成分が、
お肌に負担を与えることがあります。

紫外線というお肌の「天敵」を防いでくれる強力な成分なのですが、
強すぎるゆえにお肌の酸化を促進させることもあるのです。

~中略~

では、どうすればいいのか?

ノンケミカル処方のUVケア製品を選びましょう。
最近は、紫外線吸収剤無配合のUVケア製品が市販されています。

さらに、オイルフリー、無香料、無着色など、
お肌のことを考えたUVケア製品が増えています。
ノンケミカル処方、ウォーターベースという表示を探してみてください。
SPFの数値などに惑わされず、お肌への負担の少ないものを選びましょう。

結論:
お肌に負担のかからないSPF値の低い、
ノンケミカル処方のお肌にやさしい日焼け止めを選び、
こまめに塗り直すのが、賢いニキビ肌のUV対策と言えるでしょう。

とのこと。

HINサファイアサンスクリーンミルクはニキビ肌専用です。
無鉱物油・紫外線吸収剤無配合・無石油系界面活性剤で、
ニキビ肌にはぴったりの商品。

なんと言っても
ニキビの炎症を防ぐ成分も含まれた
サンスクリーン。

化粧下地としても使用できる日焼け防止液だそうです。

どうしても、SPF値の高いものを選びがちですよね。

この商品、SPF値が書いてないんですよね。

こまめに塗りなおしたいとは思いますが、メイクをしてしまったら、塗り直しって無理なような気がしますが、皆さんどうしているのでしょう。。。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
 
スポンサードリンク