今更ですが、アルコールが入っている化粧水は、乾燥肌には向いていないと、知りました(笑)

まあ、使いすぎは良くないって話ですが。

「アルコール(エタノール)は蒸発するときに一緒に肌の水分を奪ってしまうため、乾燥肌の人と相性が良くありません。」

「セラミドなどの角質間細胞脂質を溶かしてしまうため、角質細胞がはがれやすくなり、肌の水分を保つ機能が弱まってしまう」

そして、お酒を飲むこと自体、お肌の乾燥につながってしまうと。

お酒を飲むと、体温や皮膚の表面温度が上がります。
そうすると、皮膚からの水分蒸散量が増えて、
お肌がどんどん乾燥し続けます。
しかも、飲酒後か、肌の水分蒸散量は上昇を続け、
翌日だけでなく、飲酒2日後の肌の方が乾燥が激しくなります!

こちらから抜粋させて頂きました→

最近、大高酵素「へーラルーノ」、やスキンケア用の日本酒、北川本家の富翁 純米酒 美肌を思いっきり使用しておりまして、

IMG_4603
IMG_3958

アルコールがお肌にどんな役割があるのか、調べてみたわけです。

世の中にはアルコールフリーの化粧水もあるわけで。

ヘーラルーノはエタノールが入っているので、かなりスーっとする感じがしますね。

対する日本酒もアルコールですが、

「日本酒はアルコールプラスアミノ酸の混合物なので肌の保湿にいいとされています。」

「米麹に含まれる『コウジ酸』と呼ぶ成分は、細胞の老化を防ぎ、活性化する作用を持つ物質として注目を集めています。 しかも、美白、保湿効果があるため、お肌はしっとりうるおいを保ちます。」

とのこと。

じゃあ、アルコールフリーがいいかというと、アルコールに替わるものが入っている可能性が高く、それがお肌にいいかは。。。とのこと。

アルコールには防腐効果や、有効成分を液体に溶かしこむ効果があるので、アルコールに替わる「何か」は必要なはずで。

とりあえず、アルコールが入っている化粧水を使う場合は、使いすぎず、すぐにたっぷりの水分を補給することにしてみたところ、特に乾燥は感じなかったので、しばらくこれでやってみようと思います。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
 
スポンサードリンク