以前、お肌と髪の毛のために毎日甘酒を飲んでますという記事で、ご紹介させて頂きましたが、酒粕は「美肌」「ダイエット」「髪の毛」にとてもいいということで、なるべく酒粕を普段の生活で季節を問わず摂るようにしています。

もう1年以上続けています。

これ読むと「すごい効果があるんだな」って思いませんか?!(笑)

麹や酒粕は、美白成分のコウジ酸も豊富。コウジ酸は、シミの原因になる黒い色素のメラニンの生成を高めるチロシナーゼという酵素の働きを抑えるため、過剰なメラニン生成を抑え、シミやくすみを防ぎます

実際に、最近の実験では“コウジ酸を平均18か月ほど使用すると、88%の人はシミがある程度薄くなった”という結果も出ているのだとか。

「保湿力が高いのも、コウジ酸の特徴。日焼けして紫外線でダメージを受けた肌をたっぷり保湿しながら、シミを抑制してくれるのです。

また、コウジ酸は頭皮を若返らせ、美しい髪をつくるとも言われています。

ダイエットのサポートにも最適で、マウスに甘酒を与えて2週間飼育したところ、甘酒を摂取しないマウスに比べて体重増加量と血清中性脂肪の濃度が抑制されたという実験結果も発表されています。
これは脂質の代謝を促進するビタミンB群が豊富だからではないかと考えられているのだそう。

また、甘酒に含まれる麹由来の食物繊維やオリゴ糖は、腸内環境を整える効果ももっています。つまり、便秘の予防改善に最適ということ。

昨年楽天市場で酒粕を5kg購入しましたが、今年もまた同じところで購入しました。

IMG_3402

送料無料と、5kg以上購入すると500gの酒粕がオマケでついてくるというところが気に入って。

お安いですし何より味も美味しいですしね、スーパーの酒粕はもう食べれません。

5kgなんて使い切れないのではないかと思いましたが、腐るものではないので、冷暗所に置いておけば大丈夫です。

だんだん味噌みたいな色になっていきますが、アルコール分が時間が経つほどに抜けていきます。

楽天市場
Amazon
Yahoo!ショッピング

甘酒で飲む以外にも普段の料理で使うようにしています。

一番簡単なのは「お味噌汁に入れる」ですかね。

その他には、「ゆず茶」のペーストを入れるのもスッキリした甘さでいいですよ!

DSC02640

しょうがパウダーを入れると更に温まります。

DSC02645

ホワイトシチューにも入れてみましたが、これもなかなか。

IMG_5369

ルーを溶かす時に一緒に入れます。

酒粕を入れると鍋底が焦げやすくなるので、テフロン加工のお鍋にした方がいいと思います。

大根を入れて低カロリーでヘルシーなホワイトシチューです。

IMG_5370

結構沢山入れても本来の味を邪魔しないと思います。

体もすっごく温まってグッドでした。

あと、気に入って何度も作ったのが、「酒粕カルボナーラ」。

IMG_3956

2人分
スパゲティ 180g
塩(スパゲティをゆでる用) 小さじ1
ベーコン  50g
しめじ 1/2パック程度(お好みで)
酒粕 40g
(A)卵  1個
(A)牛乳  100cc
(A)粉末かつおだし 小さじ1/2
(A)パルメザンチーズ  大さじ1
オリーブオイル 小さじ1
ブラックペッパー 適量

1.しめじは小房に分け、ベーコンは細切りにしておく。
2.(A)を混ぜ合わせておく。
3.パスタの茹で汁(お湯でも良い)大さじ2で酒粕を溶いておく。
4.鍋に水と塩を入れ、沸騰したらスパゲティを茹でる。
5.フライパンにオリーブオイルを熱し、しめじとベーコンをサッと炒める。
6.⑤に茹であがったパスタと、下準備した酒粕を加える。
7.フライパンの火を止め、(A)を加え素早く絡めたら皿に盛り、お好みでブラックペッパーを振る

レシピはこちらからお借りしました。

しめじや牛乳はなくてもいいですし、粉末かつおだしはコンソメでも大丈夫です。

生クリームがなくてもカルボナーラが出来るというヒットなレシピです。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
 
スポンサードリンク