いつかやってみたい美容医療のうちの一つが金の糸美容術

最初、レーザートーニングで行ったクリニックの壁に貼ってあったビフォー&アフターの写真でその存在を知り、興味を持ったところ。。。

その後実際に金の糸美容術を片方の手の甲にだけ施術したのを見せて頂いて、その効果の大きさに驚いたのでした。

DSC07482 (1)


「金の糸美容術」とは:

「直径0.1mm(髪の毛程の細さ)の純金の糸を、シミ・シワ・たるみなどの気になる部分に入れることで、自らの力でコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作る力を取り戻し、自肌の若返りを実現します。」

というもの。

DSC07490

なんといっても効果が10年~15年も持続するというのが最大の魅力。

金の糸をなんと4~5m顔と首に入れるんです。

DSC074860001

ネックは料金がお高いということ。

せっせと貯金して数年以内くらいにはやってみたいなと思っています。

ベル美容外科クリニックの金の糸はシミもしわも薄くなって、白くなりました。

金の糸


スポンサードリンク

金の糸美容術に関するよくある勘違いベスト3

金の糸美容術の手術を日本一多くやっているベル美容外科クリニックのスタッフの方にお話を伺う機会があって色々教えて頂けたのですが、知らない人にとっては「金の糸美容術」って???ですよね。

金の糸美容術に関して、「間違ったイメージ」を持っている方がとても多いそう。

そんな「あるあるベスト3」です。

第3位:「金の糸は最初の半年~1年だけ良くなって、あとは戻ってしまうのか?」

– NO

『術前よりも術後の1年後の方が、更に術後の1年後よりも5年後の方が若返っている方がたくさんいます。

片手しか施術していない手の甲の写真を見ると一目瞭然!』

とのこと。

私もその「手の甲」を実際に拝見させて頂いて、もう片方の何もしていない方の手との違いにびっくりしました。

<何もしていない>
DSC07483 (1)

<金の糸美容術をしている>
DSC07484

DSC07480 (1)

そもそも金の糸の若返りシステムは:

純金の糸を真皮層に挿入すると。。。

体内に入った金の糸を異物として排除するために、徐々に毛細血管が伸びてコラーゲンやエラスチンが作り出される

金の糸を排除しようとして代謝が上がる

という「体の免疫システム」を利用しています。

この活動が最も激しいのが施術直後~1年くらいと考えられていますが、その後も免疫システムがピタと止まるわけではなく、コラーゲンやエラスチンの生成は次第にゆるやかになっていきます。

若返った顔は突然年を取るのではなく、そこから徐々にまた年を取るので、施術から10年後に施術前と同じくらいの方がたくさんいるそう。

金の糸の効果をより長くする方法があって、金の糸美容術を入れたあとにフェイシャルマッサージやホームケア用の美顔器などを使うことで、金の糸を刺激することが出来て単体で使う以上の効果が発揮されるとのこと。

ベルクリニックは開院して昨年10年を迎えて、最近2回目の施術をしたいという声もたくさん頂いているそうで、

「まさしく10年間持続する金の糸と言えるのではないでしょうか。」

とのこと。

第2位:「金の糸は入れたあとに溶けると聞いたことがありますが、本当ですか?」

– NO

金の糸美容術は、普通「純金」を使用するそうなので、人間の体に入れただけでは溶けることはありません。

ちなみに、純金が溶ける温度は1064度。(笑)

金属アレルギーというのは、金属が肌と接触している状態で溶けるとイオン化し、体内に入りアレルギーの元へと変質していきます。

溶けやすい金属に、水銀、コバルト、スズ、ニッケルなどがありますが、純金は他の金属と比べ、安定性が高く、溶けにくい性質を持っています。

もし「溶ける金の糸」と書いてあるところがあったら、純金の糸を使用していない可能性が非常に高いので、「純金」を使っているのか確認した方がいいそうです。

私がネットで検索してみた限りでは、

「溶ける糸の周りに金がコーティングされた糸を皮膚の下に入れる」

というリフトアップ術をやっているところがありますね。

第1位:「金の糸ってリフトアップですよね??」

– NO

金の糸美容術は、「金の糸」、「ゴールデンリフト」という名前で広まったそうなのですが、金の糸自体にリフトアップする力はほとんどないそうです。

上の写真のように、金の糸は毛羽立ちの無いつるつるした糸なので、物理的に引き上げたりするものではありません。

時間が経つにつれて皮膚の中で糸が切れていくこともあるのですが、それは全然問題ないそうです。

レントゲンに写っている金の糸。

DSC07487

こうやってレントゲン撮影も出来るし、MRIも出来ます。

話はリフトアップに戻りますが。。。

金の糸自体でリフトアップはしないのですが、金の糸を入れたことによって、

コラーゲン、エラスチンがたくさん作られる

顔全体が丸くなったり、頬のコケが膨らんだりする

すると今まで余っていた皮膚は自然とキュッと引き締まる

という経過で、結果的にリフトアップしたように見えるということがよくあるのだそう。

私はウルトラVリフトのようなショッピングリフトやトゲがついたn-COG糸というものでこれまでお顔のリフトアップを試みてきましたが、

n-cog

<過去記事>
「切らないフェイスリフト」n-COGリフトの1年後経過写真

7回目のウルトラVリフト&アゴのボトックス注射&脂肪溶解注射

ウルトラVリフトは半年、n-COGリフトは1年半くらいリフトアップ効果が持続すると言われています。

もう少し本格的なトゲやコーンとなどがついた糸でのフェイスリフトでは、最終的には皮膚が伸びるてくるので、
持続は長くても5年程度と言われています。

一方、金の糸を入れると、金に刺激されてコラーゲンやエラスチンが皮膚内で作られるので、長期的に肌のキメや毛穴、シミ、しわ、たるみなど総合的な改善に繋がるそうです。

費用について

ベル美容外科クリニックの場合は、金の糸美容術をやる人のほとんどの人が顔+首を同時に施術するので、費用は1,080,000円かかってしまうそうです。

108万円を10年で割ると1年で約100,000円、1ヶ月だと約8,000円という計算になるので、毎月エステに通うと思えば決して高くはないのかもしれないけど、いきなりこれだけの金額を出すのはなかなか勇気がいりますよね~

ベル美容外科クリニックでは、2回目や顔と首以外に手やデコルテ、おしりにも入れたいという希望も増えてきているのだそう。

外からのスキンケアだけでは限界があるので、是非やってみたいんですけどね。。。

「今後の老化予防にもなるから早めにやっておくのがオススメ」と言われていたのでなるべく早めにとは思っているんですけどね。

10年~15年の効果があるっていうのは他の美容術ではそうないかと思います。

ベル美容外科クリニックでは、2016年3月31日まで「金の糸キャンペーン」をやっているそうで、

<顔+首での契約>
ヒアルロン酸注射1本(1cc) 86,400円相当をプレゼント

<顔+首+手orデコルテのセットを契約>
FGF注入(手の甲) 216,000円相当をプレゼント

やるなら、こういうキャンペーンがある時がいいですよね~!

同時に「FGFキャンペーン」もやっているそうで、

FGF注入通常1部位97,200円のところ

 1部位  88,000円
 2部位  168,000円
 3部位  238,000円
 5部位  358,000円 (約26%OFF)

更に、契約金額が50万円以上の人には、上限で5万円の交通費を負担してくれるそうですよ!

ベル美容外科クリニックは金の糸美容術の針と糸の特許を取得していて、他のクリニックに卸もしているほどこの施術に関しては第一人者。

日本一多く症例数のあるクリニックなので、カウンセリングの時に症例写真を色々見せて頂けるそうです。

私は、レーザートーニングでお世話になったのですが、スタッフも感じのいい方達で気分よく通わさせて頂きましたよ!


数年後にやれるように貯金頑張ります。(笑)

ベル美容外科クリニックの金の糸はシミもしわも薄くなって、白くなりました。

金の糸

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
 
スポンサードリンク