「にきび跡」タグの記事一覧

フラクセルの効果:症例3 58歳 女性

フラクセル

フラクセルレーザーの効果症例3 58歳 女性鼻尖部ならびに鼻翼の軽度な腫瘤状増殖と毛孔の開大、毛細血管拡張を主訴に来院(図a.b)。酒さ(しゅさ)と診断し、フラクセルレーザーによる治療を施行した。*酒さ(しゅさ):ロザケアとは、鼻の先、頬、あごなどの、顔のとびでたところが赤くなり、よく見ると、毛細血管が拡張しています。(別名/赤鼻)皮膚は油性光沢を帯びます(第1度)。さらに進むと、毛口が広がり、そこに脂肪がつまり、ニキビのように丘疹を作ります(第2度、しゅさ性ざそう)。ついで、結合織が増殖して隆起した高まりになってきます(第3度)。しかし、この型にまでなってくる人は、わが国ではほとんどありません。

フラクセルの効果:症例2 23歳 男性

フラクセル

フラクセルの効果症例2 23歳 男性両頬部および前額部を中心に多発する尋常性痤創(ニキビ)を主訴に受診。20%グリコール酸によるケミカルピーリングを繰り返し、痤創の新たな発生は抑えられたものの、陥凹性瘢痕が多数残存した(図a.b)これらの瘢痕に対してフラクセルレーザー治療を施行したところ、計2回の治療の4週後、陥凹は著明に改善した。同様に、skin textureの改善も認めた(図c.d)

フラクセルの効果:症例1 27歳 男性

フラクセル

美容レーザー「フラクセル」の効果:症例1 27歳 男性 両側のこめかみから頬部にかけて多数存在する陥凹を伴ったざ創後瘢痕(ニキビ跡)を主訴に受診、15%トリクロル酢酸によるケミカルピーリング治療を計3回施行するも、瘢痕は軽快しなかった(図a.b)。このためフラクセルレーザーによる治療を3週間間隔で計2回施行し、治療後4週に陥凹は著明に改善した。また毛孔の肉眼的縮小、色調がやや明るくなるといったskin textureの改善も著しかった。(図c.d)

ページの先頭へ