脂肪吸引 脂肪注入

先日、ベイザー脂肪吸引&脂肪注入専門の「モッズクリニック」院長の長野先生に直接お話を伺う機会がありました。

長野先生と言えば、モニター料金で施術を受けた患者さんの症例をブログで4年間毎日更新していて、症例数の写真の数がスゴイ!

包み隠さず見せてくれます。

長野先生は、ホンマでっか!?TVに脂肪吸引のパイオニアとして出演されたこともあり、先生をテレビでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は、2017年に顔に脂肪注入しまして、今回長野先生のお話を非常に興味深く伺ってきましたよ!

今回は脂肪注入体験者の目線で、長野先生から伺った「モッズクリニック」の特長をまとめてみました。

顔だけでなく、胸やお腹の脂肪吸引に興味のある方のご参考になれば光栄です。

モッズクリニック

スポンサーリンク

モッズクリニックのアクセス

モッズクリニック(Mods Clinic)とは銀座の脂肪吸引&脂肪注入専門クリニック。

銀座駅から徒歩3分、銀座と東銀座のちょうど中間、松屋銀座の裏手のあたりに位置しています。

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座3-9-6 VORT銀座maximビル(旧銀座マトリックスビル)8階
最寄駅:銀座駅徒歩3分
受付時間:10:00~19:00 完全予約制

モッズクリニックの脂肪吸引の特長

女性

モッズクリニックの脂肪吸引は他クリニックと何が違うのかというと:

特長

結果にこだわりをもつ:毎日ブログに症例アップ

短く軽いダウンタイム:クリニック独自の工夫

見えない傷跡:傷の位置はクリニックで異なる

機種はベイザーのみを使って「結果」にこだわり

脂肪吸引に使う機器は色々あるそうですが、モッズクリニックの脂肪吸引は「ベイザー(VASER)」という機種のみを使っています。

一般的な脂肪吸引よりベイザーの方が効果が出るのだとか。

ですが、ベイザーは一般的な脂肪吸引より料金はちょっとお高め。

例えば:

  • 一般的な脂肪吸引:15万円
  • ベイザー:20万円

というような価格なのだとか。

モッズクリニックでは結果にこだわるという意味でベイザーのみ使っているそう。

取得が難しい脂肪吸引の技術を取得

キレイな脂肪吸引術のためには「凸凹」「たるみ」「バランス」「傷跡」など全てがクリアされていることが重要。

なので、医師の経験値や技術が非常に重要なポイントなのだとか。

モッズクリニックでは毎日「脂肪吸引」の手術を行っているので、症例数も多く医師の技術が高いのが特長。

医師は、VASER 4Dという取得するのが難しい脂肪吸引の技術を習得しています。

肌がたるむ、デコボコする等のリスクを防ぎながら、徹底的に脂肪を除去することが可能になったのだとか。

女性指ポイント

脂肪吸引で心配なのはやはり吸引後の凸凹。
大量の麻酔液を入れてパンパンになった箇所から脂肪を吸引するには医師の経験値と技術ってすごく重要なポイントだと思います。

院長ブログでモニターの症例を毎日更新

モッズクリニックではモニターを募集し、院長ブログでその症例を毎日更新しています。

4年続けているので、2,000名近い症例が紹介されているんですよ!

すごい数ですよね!!

とにかく「全部」見せる

他クリニックのホームページにも症例写真が掲載されていたりしますが、「一番仕上がりがいい症例を掲載する」というところがほとんどなのだそう。

モッズクリニックの院長ブログではとにかく「全部見せる」というのがモットー。

人によっては「これくらいの効果なのか」というリアルな結果も公開しています。

直後だけでなく3か月後、半年後の経過もきちんと見せています。

なぜ、長野先生はこのようなことをしているかというと、

「全部見せるということで信頼してほしい、沢山の症例で結果を出しているというところを見て欲しい」

という考えからだそうです。

短く軽いダウンタイム

ご存知でしたか?

脂肪吸引に伴う内出血や痛みなどのダウンタイムはクリニックによって程度や期間が違うことを。

ダウンタイムは、様々な工夫を施すことで短く抑えることができます。

では、なぜ他クリニックではそれをやらないのか?

それは人手と手間、コストがかかるからなんです。

モッズクリニック独自の工夫とは

脂肪吸引後のダウンタイムで一番困るのが内出血、むくみ、痛み

困った女性

私は脂肪吸引の経験者ですが、内出血は2週間くらい消えるまでは時間がかかるし、筋肉痛のような痛みもあり、むくみでパンパンに腫れてこれがとってもイヤなんですよ~

ちなみに、脂肪吸引後のダウンタイムの様子はこちらの記事を良かったらご参考に。

モッズクリニックでは個人クリニックでかつ一日の手術の人数制限をして一人一人に集中することが出来るので、ダウンタイムを短くするために独自の工夫をしています。

麻酔液を2回絞り出して術後のむくみ・内出血を抑える

それは麻酔液を2回絞り出すこと。

脂肪吸引の際には1~2リットルもの大量の麻酔液を患部に入れます。

術後は水分が残っていると痛いので、なるべく抜いてあげるのが痛みを少なくするコツなのだとか。

通常、どこのクリニックでも手術後に看護師さんが麻酔液をできるだけ絞り出します。

ですが、モッズクリニックでは、手術後に患者さんがベッドで休息するのですか、帰宅前に圧迫をはずした時に再度麻酔液を絞り出します。

このひと手間が術後の内出血やむくみを軽減するのに抜群の効果を発揮します。

ドクター

まずここまで徹底しているクリニックはありません。
これをやることで、やった日は腫れますが翌日はスッキリします。
さすがに内出血をゼロにすることは出来ませんが、内出血も少ないです。

当日は傷口を縫合せずに麻酔液をたくさん外に出して翌日縫合

これも他クリニックにはない独自の工夫。

それは、当日は傷口を縫合せずに麻酔液をたくさん外に出し、翌日に再来院してもらい傷口を縫合するという方法。

この方法は非常に効果的で追加料金もかからないのだとか。

女性指ポイント

麻酔液の2回絞り出し&翌日縫合をしてもらったら、術後のむくみがすごくラクそうだな~と思いました!
術後のむくみってホントいやなものなんですよ~

ダウンタイムの不快な症状は麻酔液にあるということで、部位による脂肪層の違いに合わせて、麻酔液の捲き方や撒く量も工夫しているのだとか。

詳しくは長野先生の「術後のダウンタイムについてのこだわり」についての動画をご覧になってみて下さいね!

見えない傷跡

ご存知でしたか?

脂肪吸引の傷の位置はクリニックによって異なることを。

クリニックによっては、お腹の脂肪吸引をすると傷はおへその横に2個、脚の脂肪吸引だとお尻に大きい傷が2つ、など見やすく目立つ場所に傷を残してしまう場合があります。

脂肪吸引でせっかく「キレイなスタイル」を手に入れても、目立つ位置に傷跡が残ってしまっては全てが台無しになってしまいますよね?

脂肪吸引をしたからこそ、友達と温泉に行きたい、水着を着たい、などという思いがあるかと思います。

モッズクリニックでは、傷の位置にもこだわりを持って、傷はなるべく小さく目立たないところに作るようにしているのだとか。

モッズクリニックの目立たない傷の位置
  • 二の腕:ひじのシワのとおころ
  • おなか:ビキニでかくれるところ
  • 太もも:お尻の下
  • 顔:耳の裏、アゴの裏

傷跡を小さくするための工夫

傷跡を小さくしようとすると手術が大変になるのですが、モッズクリニックは技術と道具でカバーしています。

例えば、通常は4.6mmの太さのカニューレが使われていますが、モッズクリニックでは3mmくらいの細いカニューレを使っています。

長いものや曲がったものをオリジナルで作ったりもしているそう。

傷だと5㎜くらい大きさが違うのだとか。

詳しくは長野先生の「術後のこだわり」についての動画をご覧頂ければと思います。

モッズクリニックの脂肪注入の特長

女性

最近は、吸引した脂肪を胸や顔、お尻に入れるのが流行り。

モッズクリニックの脂肪注入は次のような特長があります。

特長

1,000件以上の症例数:毎日症例をブログ更新で証明

しこりができない:マルチプルインジェクションの採用

痩せていても豊胸可能:他院で断られた人も豊胸可能

3か月後、半年後の経過を院長ブログで公開

「胸に脂肪を入れてもすぐに吸収されているのでは?」

という方がいらっしゃるかもしれません。

院長ブログでは脂肪注入の症例を公開していますが、3か月後、半年後の経過も掲載しているので、吸収されずにボリュームがキープされている様子を見ることが出来ます。

しこりが出来ない

「脂肪注入するとしこりや石灰化するのでは?」

という方がいらっしゃるかもしれません。

しこりの原因は「注入方法」

モッズクリニックでは、しこり回避のために脂肪を少量ずつ層状に注入する「マルチプルインジェクション」を採用しています。

これまで数多くのコンデンスリッチ豊胸を経験しているので、モッズクリニックの医師は注入出来る脂肪量、入れる位置を熟知しています。

この方法を行えば、しっかりと大きく自然な仕上がりになるのだとか。

女性指ポイント

しこりや石灰化が怖くて脂肪注入に挑戦出来ない人もいるかと思いますが、きちんと技術のある医師なら安心ですね!

痩せていても豊胸可能

マルコ 補正下着 バストアップ

痩せている人は脂肪を集めるのが難しく、シリコンバッグかヒアルロン酸を入れるしかありませんでした。

ですが、痩せている人でシリコンバッグを入れると、入れているのが分かるような不自然な仕上がりになってしまいます。

モッズクリニックでは、痩せていている人でも上手に脂肪を集める技術があるので、他院で脂肪注入豊胸が無理と言われた人でも多数来院しているのだとか。

院長に聞いたQ&A

長野先生に直接伺ったQ&Aをまとめました!

カウンセリング・施術にはどれくらい時間がかかりますか?
カウンセリングは1~2時間、診察は30分くらいです。
手術当日は、朝10:00に来院したとすれば、15:00にはクリニックを出れます。
入院は必要ありません。
患者さんの年代は?
一番多いのは20~30代の女性。
40~50代の女性も多いですが、硬く不自然な形になった過去に入れたシリコンバッグを除去して胸への脂肪注入をする方が多いです。
男性は来ますか?
男性は2割くらいで、男性なのに膨らんでしまった胸(女性化乳房)の脂肪と乳腺を取る手術で来る方が多いです。
待合室もなく他の人に会うこともないので男性でも来院しやすいです。
脂肪注入は若い人の方がいいですか?
経験上、年齢は関係ありません。喫煙しているかも関係ないです。
遠方なのですが交通費補助制度はありますか?
東京・千葉・埼玉・神奈川以外、モニター以外の方は一日の施術金額総¥300,000以上の場合¥30,000まで補助があります。
現住所の確認など条件があります。

まとめ

脂肪吸引 脂肪注入

いかがでしたでしょうか。

脂肪吸引&脂肪注入専門「モッズクリニック」は

  • キレイな仕上がり
  • ダウンタイムを短くラクに
  • 高い技術力
  • 圧倒的な症例数
  • 症例結果と経過をオープンに公開

が特長のクリニック。

脂肪吸引は吸引箇所の凸凹やたるみというリスク、脂肪注入はしこりや石灰化というリスクがあるので、失敗しないためには医師の技術がしっかりしているクリニックを選ぶということが非常に大切です。

安さで選んであとで後悔しないためにも、専門クリニックで施術を受けることを強くオススメします。

手術代以外は一切費用がかからないというところも魅力。(基本セット:消耗品・麻酔・内服薬、固定レンタルは0円)

麻酔代は別途で5万円くらい取るクリニックもあるんですよ!

顔への脂肪注入を他クリニックで経験した私としましては、好きな部位を何箇所でも入れられるプランがリーズナブルな価格でとても興味ありです。

脂肪注入によるエイジングケア (フルフェイス)
好きな部位を何か所でも可能。(額を丸く、頬の高さ、こめかみも適応)
580,000円+基本セット0円(2019年8月現在)

顔は皮膚の薄い箇所に入れるのでボリューム感の調節が非常に難しい箇所。

症例数の多い先生にお願いしてもらう方がいいですね。

その他の箇所も、モニター価格は通常よりかなりお安くなっているので、気になった方は無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

モッズクリニック

 

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ   にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ