最近、「じゅわんメーク」が流行っていますよね~。

雑誌でも「じゅわんメーク」って言葉、よく見かけます。

スポンサードリンク

じゅわんメークとは

じゅわんメークとは、

内側から滲み出るようなツヤ、光沢を演出するメーク。

人工的ではなく、体温が上がったように、頰、唇、目元がじゅわんと染まるので、温かみのある、女らしい雰囲気になります。

お風呂上りのような血色に見せるメイクということで、「血色メーク」とも呼ばれています。

最近は、コスメも「じゅわん系」が続々登場しているそう。

美ST Onlineの記事、流行メーク、取り入れるべきは〝上がる〞ものだけ!②によると、

じゅわんメークは、

「ツヤ、光沢を簡単に纏える老化肌を救済する最強メーク」

だそう。(笑)

若くフレッシュに見せるために、流行りのメイクの中で40代に取り入れるべき、

「リフトアップして見えるメイク」

として紹介されていました。

紙面でも掲載しています。

じゅわんメーク

数々の雑誌でベストコスメを受賞した練りチーク

記事で使われているのが、コーセー ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム

ヴィセリシェ リップ&チーククリーム RD-1

ローラさんのCMでヒットした、チークとリップの2WAYで使える便利なアイテム。


THE ROLA!!

私が持っている色は、ローラさん使用色のRD-1。

このCMが放送が開始の頃に購入したから、もう1年半くらい使っているのかな。

練りチーク自体は、もう15年くらい使っています。

ヴィセリシェ リップ&チーククリーム RD-1_1

プチプラ商品でありながら、Voce、美的、MAQUIAなどの美容雑誌をはじめ、数々の女性雑誌でベストコスメを受賞しています。

商品の特長は:

  • 一品二役でチークにもリップにも使えるクリームカラー。手軽に統一感のあるメイクが完成。
  • 内側からにじみでるような自然な血色感で、チークとしては程よいツヤ感、リップに使うとハーフマットな仕上がり。
  • とろけるような、なめらかなタッチを実現。ぼかしが簡単。重ねづけで濃さを調整でき、しっかり発色もナチュラル発色も自由自在。
  • 肌なじみがよく肌にフィットし、美しい仕上がりが長時間持続。
  • ピュアゴールド配合。ナチュラルな立体効果を演出。
  • 美容液成分配合。乾燥しやすい頬や唇のうるおいを守る。
  • 無香料

使い方

使い方は、

「クリームチークを薬指のはらに取ります。頬の一番高い部分にポンと1点置いて。小鼻より下にさげないように横楕円に上昇させるように広げると、じゅわんと高揚したような頬に仕上がります。」

と美STの記事では紹介しています。

ヴィセリシェ リップ&チーククリーム RD-1じゅわんメーク

すごく使いやすくて、健康的な自然な赤みとツヤ感が出せるのが気に入っています。

そしてお安い!!

40代のじゅわんメーク

パウダーファンデーションの上からだと使いにくいかもだけど、リキッドファンデーションの上に重ねたらすっごくキレイに馴染みます。

更に上からパウダーのチークをふわっと入れると、色が長持ちしますよ!

美STがオススメの大人のじゅわん系メイクアイテム

その他に、じゅわん系メイクアイテムとして、

昨年の1月に発売され、大ブレイクした、THREEのシマリング リップジャム(右から)03、05。

シマリングリップジャム

唇にジューシーにとどまって、果汁を煮詰めた贅沢なジャムみたいに発色するそう。

イブさんローランのベビードール キッス&ブラッシュ No.2

が紹介されていました~。

2

クリームがジェルに変化して、インクのようにじゅわんと発色するんですって。

これ欲しいな。

練りチークは若々しい雰囲気を作れるので、まだ挑戦したことない方は、是非やってみてはいかがでしょうか。

 

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ   にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ 
スポンサードリンク